Entries

*スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*一言メッセージ←メールソフトなしでも送れます(お返事です)
*読書カード←足跡記念、感想をお寄せください
にほんブログ村 小説ポエムブログへFC2ランキング

-件のコメント

[C66]

 よしゅさん、いらっしゃいませです。

>いやいや公式では半年後まではいやいや。
 未プレイの方への配慮は大切ですね。
 なので、まだプレイしていない人は、このSSは読まないでくださいね。
 一応、ホロウの設定も加味した状態ですので、二重の意味でご注意です。

>実を言うと三枝さんあたりしっかりと覚えていそうな妄想をinMyぶれいん~。
 彼女の幼き頃のお友達の中に、三枝さんが……!?
 そ、そうか、それでもう一度お友達になりたかったのか(笑)!

 またのお越しをお待ちしています~。

[C65] りんりん

みんなーわたしのうたをききにきてくれてありがと~ってなことを思い出……、いやいや公式では半年後まではいやいや。
 実を言うと三枝さんあたりしっかりと覚えていそうな妄想をinMyぶれいん~。
  • 2006/01/13(16:52:17)
  • よしゅ
  • URL
  • 編集

-件のトラックバック

*第一章第二節 『そのクラスの日常は?』

○『Fate/エミヤを継ぐ者』:
第一章 その背中を見つめて
第二節 『そのクラスの日常』



作者:White Snow



 ホームルーム開始前のチャイムが鳴っている。

 少し後片付けに手間取ってしまったが、鳴り終わる前に教室に入れたから良しとする。
 もちろん余裕をもって歩いてきたのだ。遅刻しそうだからといって廊下を駆け回り、慌ててドアを開けることはしない。

 『どんな時でも余裕をもって優雅たれ』というのは遠坂家の家訓だから守らないといけない。
 ……以前、士郎相手にそんなコトをしたような気がするけど、それは反省済みだし、朝だけは赦して欲しいと思う娘は親不孝だろうか。

「おはようございます、遠坂さん」
「おはよう、遠坂殿」
「お。リンリン、おはー」
 教室に入ると賑やかに迎えられた。

「……おはようございます、三枝さん、氷室さん、蒔寺……さん」
 何やら癒されて、清涼感を感じたところで、気分を害するのはここ最近毎朝のこと。
 それでもちゃんと挨拶を返すことができたから、わたしは偉いと思う。

「――って、何が『リンリン』よ!? いい加減にその呼び名は改めなさい!」
「えー」
 そう駄々をこねるのは蒔寺楓。

 蒔寺とは二年のクラスの時にいっしょになって、つきあいやすい……つまり必要以上にベタベタしない関係として始まった交友関係。大悪友と呼んで差し支えない。
 浅黒い肌、キョロキョロとよく動く黒瞳、ボーイッシュな黒髪をした自称“穂群の黒豹”こと、陸上部のエース・スプリンター。
 わたしから言わせれば、“野良猫”でいいじゃない、と思う。

「……リンリン。いいじゃんよー。可愛いんだしさー」
 こーゆう無礼者であるから、余計に豹じゃなく、野良猫で充分だと思う。

「な、そう思うよな、由紀っち?」
 話を振られて困った顔をして、あうあうしているのは、このクラスの癒しである三枝さん――三枝由紀香。

 穏やかな性格がそのまま顔に表れていて、日本犬特有の上品で人懐っこい子犬といったところか。
 家庭的な印象そのままに陸上部のマネージャーをやっていて、その家事能力は士郎に勝るとも劣らないとわたしは見ている。
 以前ごちそうになった彼女のお弁当のおかずは、手間暇と愛情が込められた絶品だった。
 思わずお家に持って帰りたくなるような子で、そう思っている人は多いと思う。

「……由紀を困らせるでない、蒔」
 古風な言い回しでその三枝さんを宥めるように頭を撫でながらフォローに入るのは、氷室さん――氷室鐘なる人物。

 蒔寺と同じ陸上部に所属していて、こちらはエース・ジャンパー。蒔寺と二人で陸上部の双璧と成して、何度か大会の表彰を受けていた。
 日本人離れした銀色がかった髪と、灰色の瞳という玲瓏(れいろう)な美貌の持ち主で、ミステリアスな雰囲気を漂わす眼鏡美人さんである。

 美術の授業の自由課題で、それはそれは見事な山水の水墨画を描いて美術の先生を唸らせた武勇伝は実に有名。
 その芸術センスはその佇まいに表れるというか、彼女の所作は流れるように美しい。
 表向き美大の海外留学に行くことになっているわたしと、よく話すようになった間柄でもある。

「……でも、可愛いと思いますっ、リンリン!」
 頭を撫でられて落ち着いたのか、三枝さんは何やら必死に自分の意見を主張する。

「――許す」
 不思議だ。三枝さんに言われる分には、ちっとも不快にならない。
 ……これも人徳の成せる技かもしれない。

「じゃ、三枝さんは、ユキユキでいいのかしら?」
「え? え、あっと、ハイ。……でも、ユキだけでもいいです」
「じゃ、そう呼ばせてもらおうかな♪」
 思わず和んでしまう、わたし。

「ブー、ブー、由紀っちだけエコヒーキ、エコヒーキ!
 あたしとリンリンの仲だろー! 減るもんじゃないないしさー」
「残念ながら減ってしまうんです。主として友情度が。
 でも、蒔寺さん。貴女のコト、ク・ロ・デ・ラと呼ばせてくれるのなら、考えてさしあげてもいいですよ、ク・ロ・デ・ラ」
 とても優しい笑顔で諭してあげたら、蒔寺は「――う、わかったわよ」と快く了承してくれた。
 口を尖らせている辺り、まだ懲りていないかもしれないが。

「ふむ……。そんなに悪い呼び名ではないと思うが、どうしても駄目なのかね?」
「……どうしても、ね」
 意外にも氷室さんが未練のありそうに尋ねてきたので、それを苦笑いで返す。


 なぜ、『リンリン』と呼ばれるのは、嫌なのか?

 ――――それは、若気の至り。

 幼い頃、某公園にて『マジカル・リンリン』とか叫んで、魔法少女ごっこに興じていたことを思い出す。
 ……恥ずかしい。穴があったら、入りたいとはこのこと。

 その時のホワイト仮面シローなる人物と遊んだ記憶が甦る。
 あの時は、近所のみんなといっしょに公園の陣地を巡って日々争っていた。
 ある日から、わたしは魔術師の修行が本格化したこともあって、その公園には行けなくなった。
 それからしばらくして久しぶりに公園に行ったけれど、あの子は来ていなかった。

 ……あの子は、元気だろうか?
 元気一杯で、わたしが張ったワナにもめげずに向かってくるところは誰かさんを彷彿(ほうふつ)とさせる頑固者は。


「――私の場合は……カネカネ」
 わたしは、ぼそりと氷室さんが呟いたのを幻聴と思いたい。

 もしかしたら、今のあだ名を呼ぶ仲間に入りたいのかもしれない……のだけれど――。

「…………面白い」
 不穏当な呟きを漏らし、ツボに入ったのか氷室さんは悦に入っている。

 ……何考えているんだかよくわからない人である。
 しかし、綺麗で真面目な顔した彼女に『カネカネ』と言うのは、冗談でも畏れ多い気がするんだけど。

「カネカネ」
「……なるほど、蒔の寺に言われると何やら腹立たしくなるな。遠坂嬢の言う通りかもしれん」
「っな、どーゆイミだー!!!」
「まぁまぁ、クロデラちゃん」
「うわぁぁあん、由紀っちまでー!!!」
「あまり騒ぐな、クロデラ。もうすぐホームルームの時間だ」
「チクショー!!! どうせあたしは日焼け美人さー!!!」
「……美人とは誰も言っていないが」

 それになんだろう、この絶妙なまでにコントしているというのは。
 見ている分には、下手なお笑いよりも面白い。

 でも、ここまでバカができる関係というのは、正直羨ましい。

「仲良いんだな、遠坂」
 後ろから士郎の声が聞こえて、慌てて振り返る。
 そこには穏やかに微笑を浮かべてこちらを眺めている士郎と、仏頂面というか驚いているというか複雑で面白い顔を浮かべている柳洞くんがいた。

 ……人が悪い。教室に入ってからずっとこちらを見ていたのか。

「あー、ゴホン。世話になったことには間違いないので、礼は言っておく。――では、失礼する」
「手伝ってくれてありがとうな、遠坂。またあとで」
「どういたしまして、柳洞くん。士郎、勉強がんばんなさいよね」
 どうやらこちらの話が途切れるところを見計らっていたらしく、わたしに声をかけると二人は自分の席の方に歩いていく。
 待っていなくても声をかけてくれればいいのに。本当にこの二人は律儀だ。

 その去り際に、あの三人組にも軽く会釈をしていった。
 この辺り、柳洞くんならともかく、以前の無骨で無愛想だった士郎では考えられないところだ。

「おぉっ、由紀っち、どうした!? し、しっかりしろ!」
「はうはう~」
「……む、朝から刺激が強すぎたか」

 そんな会話が聞こえてきたような気がしたが、わたしはその士郎の後姿を何とはなしに見つめていたので気がつかなかった。
 士郎はごく自然にクラスメイトに挨拶をしながら自分の席に歩いていく。そこにあるのは、笑顔。

 ――――士郎は、本当に柔らかく笑うようにった。

 何と言うのだろうか、自然にクラスに溶けこんでいるような気がするのだ。

 自身の幸せを捨てた――それが士郎の心の在り方だった。
 誰かのためにという強い強迫観念に捉われて、自分が幸せになることは申し訳ないとか、そんな資格なんてない、と考えて生きてきたんだ、あの馬鹿は。
 ……そう、クラスの中でいっしょにバカ騒ぎをしても一歩手前で線を引いて、そこから立ち入らないようにしていたのが士郎だ。
 それがようやくその線を踏み越えることができているようで、純粋に嬉しかった。

 その士郎と途中一言二言談笑して、行き違いにこちらにやってきたのは綾子。

「おはよう、遠坂。それと、お疲れさん」
「おはよう、綾子。そちらこそ、お疲れさま」
 朝錬の余韻か、額に爽やかな汗を光らせている弓道部の主将――美綴綾子。

 綾子とはこの学園の入学当初から続く親友ともライバルとも呼べる関係。
 キリリとした眉目秀麗さで、はっとするような迫力を備えた女傑さんである。

 この綾子も、聖杯戦争の被害者なのだが、本人は既に克服しているようだ。
 体調を回復させて入院から約一ヶ月、終業式に出席した時は、さすがに出にくそうではあったが元気そうだった。
 綾子は、あれはあれで女の子なのだ。体調よりも精神的なものが大きかったのだろう。

 女の子としては不名誉な噂が流れていたのを恐れたからだし、その整理と勇気がついて登校してきた綾子は立派だった。
 あの時はライダーの結界による大量入院事件があったし、先生が失踪したり、この学校の優男――間桐慎二が入院したことで、変な噂はそんなに広まらなかった。
 それでも新学期が始まって平和な日常になると余裕が出てくるもので、過去を振り返ってしまうのが人間心理、人の不幸は何とやら、というわけである。

 ――――でも結局のところ、その変な噂は消えてしまった。

 噂は、より大きな噂に打ち消される。
 すなわち、わたしと士郎の関係が話の種になっていたからだ。

「遠坂、何がショックかって、あたしはお前と衛宮ができていたことの方がショックだ」
 その当人が言うくらいである。
 ……そんなにショックなことだろうか、わたしと士郎がつきあうというのは。

 それと、もっと確実に噂を打ちのめしたのはクラスで言い放たれた言葉であろう。

「美綴がそんなコト、するわけないだろ」
 絶対の信頼のこもった静かで強い言葉。

 わたしは思わず拍手してしまいましたとも。
 その反応を見せたのはクラス全員というのだから、すごい。

 それを言った本人は、クラス中のみんなが感嘆の拍手をしているのをイマイチわかっていなさそうに小首を傾げる正義の味方を目指す朴念仁。

 ……ともあれ、綾子が元気になったのは良いことだ。

 それと、わたしと綾子の間には、ひとつ賭けをしていた。
 その賭けとは――三年になる前までに、彼氏をつくること。

「遠坂、このカリは必ず返すからね!」
 当然、賭けに勝ったのだから、綾子と伴って士郎といっしょに一日デートにつき合わせる勝利の権利を行使したのは、本当に楽しかった。

 ……いやまあ、後半で綾子は逆ギレして、士郎に色目を使って絡んできたのは焦ったのだけれど。

 その綾子は心境の変化か、髪は肩ぐらいのところで切りそろえて、これくらいでちょうど良いとしていたのだが、最近では髪が伸ばすようになってぐぐっと大人の女性ぽくなった。
 冗談めかして「恋のせい?」と問い詰めても、相手は誰とは言わない。

「――もしかして、衛宮くんじゃないでしょうね?」
「……え? いや、ハハハハ」
 赤くなってごまかす綾子は大層怪しかった。
 柳洞くんに続いて、ゆめゆめ油断ならない相手が、この美綴綾子という私のライバルである。


「藤村先生に聞いたけど、調子良さそうじゃない」
「ああ、うん。そうかな? 今年で最後だからどうしても気合が入るから、かな。桜もがんばってるからねー。主将としては負けられないところだよ。
 ま、それよりそちらの文化祭や体育祭の準備はどうなのさ。あたしは、大いに期待してるんだけど」
 挨拶ついでにお疲れさんなどと言われたのは、彼女の言うとおり私が柳洞くんと士郎といっしょに生徒会の手伝いをしていたためだ。

 わたしは高校に上がってからは、家庭の事情で忙しいからと部活動や生徒会には参加していなかった。

 ――――わたしが、魔術師だから。

 学校の部活動に参加するのも楽しそうではある。
 けど、わたしにとって魔術は生涯をかけて極めていくものであって、あれやこれやと手を出して本業をおろそかにするほどわたしは魔術を甘く見ていない。

「当然! わたしが関っていて滞るわけないでしょ。期待してなさい、最高に盛り上げてやるんだから」
「うんうん、本当に期待通りで、あたしゃ嬉しいぞ」
 任せた、とバンバン背中を叩く綾子。
 少し痛いんだけど、綾子。

「……」
 わたしが恨めしそうに綾子を見るとその手は止まったが、代わりに嬉しそうにわたしを観察するように見ている。

「? 何、わたし変かな?」
 制服にゴミでもついているのかしら、と思って自身を慌てて見回してみる。
 ……別にヘンなところは見当たらないんだけど、はて?

「……遠坂、なじんできたなって思っただけだよ。ふーん、男ができるとこうまで変わるものかと驚いているところ」
「…………ま、まあね」
 綾子に言われて、やはりそうだろうと認めてしまう。

 ――――わたしは、士郎にとことんつきあうことにしたのだ。

 士郎には強引さが必要だった。
 人の輪に入ることをためらう士郎を無理矢理にでも入れようと思ったら、その中からその手を引いてやる必要があったのだ。
 そうなるとわたし自身もその輪に入らなくてはならなかったので、わたしも変わる必要があったのだ。

 わたし本人は、あまり変わったという思いはしない。
 ただ単に本性を見せているだけで、その本質は変わっていない。
 それでも今までわたしの本性を知らなかった人から見れば、変わったのだろう。

 それで見る目が変わって、わたしから離れていく人もあれば、逆に近づいてくる人もいる。

 以前よりも気安い関係となっている先程の三人組がいい例だろう。
 むしろ、交友関係は広まりつつある。

 そういったことで関係が広がって深まれば、秘密を重んじる魔術師であるわたしは大変なのだが、それはそれでいろいろと苦労すればいいだけの話。
 楽をすれば、楽しいというわけではない。苦労して大変な思いをするのも存外、楽しいものだ。

「……変かな?」
 それでも多少は気になるので、以前のわたしを知る綾子に訊いてみた。

「いや、前より良い女になったよ」
 綾子は男前に笑って答えてくれた。
 その答えは……褒めすぎではないだろうか。

「こらー、みんな席につきなさーい!」
 ちょうどその時、藤村先生がホームルームに入ってきた。
 ガヤガヤと席を立っていたクラスメイトは席に着き始める。

「残念だなー。今の遠坂、あたしが男だったら絶対に放っておかないって」
 去り際に綾子は片目を瞑って悪戯っぽく、顔を赤くしたわたしにそう言って自分の席に歩いていった。

「バカ、綾子」
 その後姿に、小声でわたしは文句を言っておいた。

 ――――綾子は、ライバルであると同時に大親友である。



「――タイガーって言うなーっ!!!」
 通称、“冬木の虎”こと、藤村先生が咆えた。

 わたしのクラス、三年B組は見事なカオスぶりである。

 それは担任が藤村先生である時点でそれは極まっていると言っていい。
 見渡せば二年の時のA組のクラスのメンバーが多いのは、きっと葛木先生が急に失踪したことに関係があるのだろう。

 あの頃はいろいろな事件が起きてみんな強いストレス下に置かれていたし、加えて担任の葛木先生がいなくなった。
 進路を左右する大事な時期だったために、不安を覚えた生徒も多かっただろう。
 そのことを考慮して、学校側は藤村先生という大器に任せたのだろうと思われる。

 本来であれば、クラス別けは成績によって他のクラスと平均になるようにならされるところである。
 けれど、ストレスを抱えたであろう問題のある生徒と先生(?)を一つに集めて、生徒会長とわたしで重しをつけようとする学園側の魂胆を思わず勘ぐってしまったり。

 大人の事情とは嫌なものだとつくづく感じてしまう。

 それこそ嫌な役を押し付けられた藤村先生の方がいい面の皮ではないかと思う。
 もっとも、そんなこと気にしないのが藤村先生が、藤村先生である所以であるみたい。
 底抜けに明るい藤村先生といっしょなら、たいがいの悩みとは無縁になれるだろうから。

 ――――気にするべきは、きっと……生か死だけ。

「落ち着けって、藤ねぇ……じゃなかった……藤村先生」
 士郎は藤村先生にスリーパーホールドを極められている後藤くんの救助に向かっている。
 がんばれ、士郎。

「がるる~」
 近寄ろうとする士郎に唸る藤村先生は、すでに人の言葉が通じているのかイマイチ不安な感がある。

 その様子を遠巻きに見守る、クラス一同。

『危険だ……! みんなは離れていてくれ』
 救出に向かう前の、悲壮な覚悟を漂わせた我らの希望の英雄――衛宮士郎の言葉である。

 そんなことを言われなくても、あの状態になった藤村先生には近づかない方が身のためであることは、この半年近くの間でトラウマ並にわかっている。
 声を上げずに、ただ「衛宮がんばれ」と士郎の背中にエールを送っているのがわたし達なのだ。

 ……士郎の背中、いつの間にか大きくなったのね。
 思わず、そんな感慨に耽ってホロリといきそうになる。

 …………そして、今回の藤村先生への加害者兼被害者の後藤くんは、すでに青くなっている。

 彼はキレる人間なのだが、いかんせん何とかは紙一重というヤツなので、こうしたうっかりさんでもある。
 昨晩のドラマの影響を受けて――憑依する人物によって落差の激しいキャラクター性なので、わたしでも彼のことを未だに捉えかねている。

 ちなみに今日の彼の憑依キャラクターは、士郎曰く『うっかり八兵衛』とのこと。
 本当に、うっかり口をすべらしたのであった。

 わたしにはよくわからないけれど、士郎は「きっと遠坂が見たら共感できるんじゃないかな」と言っていた。
 …………どういう意味なのか判断しかねるけれど、セイバー曰く「――素晴らしい。上に立つ者の見本であるべきです」なんて番組を評していた。
 少し興味が湧いたので、今度セイバーに録画を頼んでおこう。

 しばらく士郎と藤村先生の無言の睨み合いが続くも、藤村先生は後藤くんを無造作に解放した。

 後藤くんは、ごすっと小気味の良い音を立てて床に崩れ落ちた。
 いや、すでに後藤くんの意識は落ちていたようだが、痙攣しながらも「パトラッシュ……パトラッシュ……」と呻いているので取り敢えずは生きているみたい。

 後藤くんは、あれはあれでかつての二年C組の猛者だから大丈夫だろう。……多分。

「……藤村先生、わかってくれたか」
 威嚇する野良猫に愛想良くにじり寄る風情で、士郎の必死な説得が功を奏したのだろう。
 クラスには、あからさまに安堵の溜息が満ちる。

「……む? いや、その? 藤村先生……教壇から竹刀なんか取り出して、どうしてそこにあるコト自体不思議なんだけど……、それで一体どうする気なの……かな?」
 再び教室に戦慄が走る。

「うわわぁぁあん、士郎までお姉ちゃんを虐めるんだー!」
「な、なんでさー!!??」
 藤村先生の暴走は、止まらずその標的にされる士郎。

 誰もが流血騒ぎを覚悟して目を閉じ、再びその目が開けられた時――。

 ――――「おお」、とクラスがどよめく。

「……むむ、士郎、いつの間にそんな高度な技を……!?」
「藤ねぇ、いいから落ち着こう、落ち着こう、な。……頼むから」
 セイバーとの特訓の成果が出ているらしく、士郎の両手には干将・莫耶よろしく英語辞典と定規が握られ、藤村先生の初太刀を凌いでいる。

 すごいわ、士郎。剣道五段の藤村先生の初太刀を凌げるなんて。
 ……と、言うより士郎、必死だ。

「士郎! どこまで強くなったか、お姉ちゃんが確かめてあげる」
 きゅぴーん、と目が光り、手がつけられないトラと化した藤村先生!

「――趣旨、違ってきてるし!」
 あまりの不条理さに士郎が嘆く。

 その気持ち、わからなくもない。
 個人的には士郎と藤村先生の死力を尽くした試合は見てみたいが、今は授業中。
 その試合の行方は衛宮邸の道場で決すればいいのだし。
 それに、教室のドアの前でこめかみを引きつらせている校長先生の血圧のためにも、この騒ぎは早急に収めるべきだろう。

 ……となると、またわたしが藤村先生を抑えなくていけないのか?

 ふと教室を見渡せば、いつの間にかこのクラスの良識派である柳洞くんを筆頭に、綾子、氷室さん、三枝さんが何やらわたしを期待に満ちた目で見ている。
 ちなみに「いいぞー、もっとやれー!」と野次を飛ばしているのは蒔寺だ。しかも、最前線。
 実に楽しそうである。……やれやれ。

 ――――わかりました、わかりましたとも。

 器用に机を避けながら、二人の打ち合いは続いている。
 藤村先生の“示現流”(じげんりゅう)もかくやの打ち下ろしに伴う踏み込みは、学校を揺るがしかねないところに来ている。
 士郎に至っては、あまりの必死さに覚醒状態に入って剣の丘目指しているようだし。

 わたしは席を立ち、教壇のところに立つ。
 教室のみんなは、わたしの意図を理解してくれているらしく、ずざざっと人垣が割れる。

 ……うん。こうして教室が一望できるここは、なかなか気分がいい。

 さて、先程黒板のところから入手した、このチョーク。
 わたしは狙いを定める。

 ……喧嘩両成敗。
 覚悟してね、二人とも♪

 一瞬の弛緩の後、全身の力を乗せて、わたしは抉るように投擲する。
 チョークは、二人の眉間に吸い込まれるように螺旋軌道を描いて――。

「――っっ!!!」
「――なっ!? と、とお……!!??」

 ずどっ。ぐさっ。
 机を巻き込みながら、大げさに宙を舞う二人。

「そこまでよ……!」
 硝煙の煙、もとい、チョークの粉が立ち昇る右手を掲げ、わたしはこの喧騒(けんそう)の終わりを宣言する。

「……で、伝説の、“ダブル・にゃんと一回転”……!!!」
 静まり返った教室で、後藤くんのやけに感じ入った呟きが響き渡る。
 ……という言うより、いつ復活したのか、この騒ぎの張本人は……。

 かくして、一連の騒ぎもこうして一件落着。
 ……尊敬と恐怖がないまぜになった目線が、ちょっとばかり痛いのではあるけれど――。

 ――――ともかく、これがわたしのクラス――三年B組の日常風景である。



<履歴>
掲載日:2005/12/03
投稿日:2004/08/27

用語説明


スポンサーサイト
*一言メッセージ←メールソフトなしでも送れます(お返事です)
*読書カード←足跡記念、感想をお寄せください
にほんブログ村 小説ポエムブログへFC2ランキング

2件のコメント

[C66]

 よしゅさん、いらっしゃいませです。

>いやいや公式では半年後まではいやいや。
 未プレイの方への配慮は大切ですね。
 なので、まだプレイしていない人は、このSSは読まないでくださいね。
 一応、ホロウの設定も加味した状態ですので、二重の意味でご注意です。

>実を言うと三枝さんあたりしっかりと覚えていそうな妄想をinMyぶれいん~。
 彼女の幼き頃のお友達の中に、三枝さんが……!?
 そ、そうか、それでもう一度お友達になりたかったのか(笑)!

 またのお越しをお待ちしています~。

[C65] りんりん

みんなーわたしのうたをききにきてくれてありがと~ってなことを思い出……、いやいや公式では半年後まではいやいや。
 実を言うと三枝さんあたりしっかりと覚えていそうな妄想をinMyぶれいん~。
  • 2006/01/13(16:52:17)
  • よしゅ
  • URL
  • 編集

-件のトラックバック

Appendix

メッセージ

White Snow

 運営者:White Snow
  ようこそ、いらっしゃいました。
 運営者“White Snow”は、いつでも歓迎します。

 最近は時間的に、コメント、メールに対してお返事することが難しくなっております。
 ……申し訳ありません。

(最終更新日:2007/03/26)

独り言(インフォメーション)
プロフィール
ご挨拶
更新記録


全記事(数)表示

全タイトルを表示

新着トラックバック


Fateアイテム

~ゲーム~
■Fate/stay night

*注:「extra edition」にはPSPソフトが同梱。


「フェイト/ステイナイト(レアルタ・ヌア)」PS2版



「Fate/stay night」CD版感想

「Fate/stay night」DVD版感想

■Fate/hollow ataraxia


「Fate/hollow ataraxia」感想

~カレンダー~


~DVD~
「Fate/stay night」アニメDVD
「Fate」アニメDVD:ナビ


~CD~
■「Fate/stay night」キャラクターイメージソング 間桐桜


■「Fate/stay night」キャラクターイメージソング 遠坂凛


■「Fate/stay night」キャラクターイメージソング セイバー


■TVアニメーション「Fate/stay night」オリジナルサウンドトラック

音楽CD:「Fate/stay night」オリジナルサウンドトラック

■きらめく涙は星に

「きらめく涙は星に」感想

■Fate/another score-super remix tracks

「Fate/another score-super remix tracks」感想

■disillusion

「disillusion」感想

■あなたがいた森

「あなたがいた森」感想

■「Fate/hollow ataraxia」オリジナルサウンドトラック

「Fate/hollow ataraxia」オリジナルサウンドトラック感想

■「Fate/hollow ataraxia」マキシシングル

「Fate/hollow ataraxia」マキシシングル感想

■Fate/stay nightイメージアルバム「Wish」

Fate/stay nightイメージアルバム「Wish」感想

■「Fate/stay night」ORIGNAL SOUNDTRACK

「Fate/stay night」ORIGNAL SOUNDTRACK感想

■「THIS ILLUSION」マキシシングル

「THIS ILLUSION」マキシシングル感想

~BOOKS~
■「Fate/stay night」コミック(西脇だっと)

書籍感想:「Fate/stay night」コミック


■Fate/Unlimited Guide
レビュー
Fate Compilation Book
レビュー
フェイト/ステイナイト・プレミアムファンブック
レビュー

~同人誌・アンソロジー~
「Fate」同人誌


「Fate/stay night」アンソロジー


「Fate/hollow ataraxia」アンソロジー


~トレーディングカード~
「Fate/stay night」トレーディングカード ハイグレードエディションBOX

Fate/stay night トレーディングカード オフィシャルカードバインダー


~懐中時計~
Fate/stay night 懐中時計


~カップ~
セイバー マグカップ


凛マグカップ


タイガー道場 湯のみ


~ぬいぐるみ~
セイバー ぬいぐるみ エグゾースト版


遠坂凛 ぬいぐるみ エグゾースト版


間桐桜 ぬいぐるみ エグゾースト版


~キーホルダー~
Fate/stay night ラバーキーホルダー セイバー

Fate/stay night キーホルダー 遠坂凛 ペンダント型

~名刺ケース~
セイバー名刺ケース


遠坂凛名刺ケース


Fate/stay night アニメ版 名刺ケース エグゾースト版

~フィギュア~
フィギュア


~キャラクター小物~
Fate/stay night トリコレ! BOX


Fate/stay night アニメ版 ストラップ

ピントレコレクション TYPE-MOONコレクション BOX


パームキャラクターズ アーチャー&凛セット


Fate/stay night シール マウスパッド 3種セット

Fate/stay night ボトルキャップ フィギュアコレクション 第2弾 BOX


Fate/stay night トレーディングファスナーマスコット BOX


「Fate/stay night」ipod nano専用ケース


Fate/stay night タイガー道場 手ぬぐい


魔術回路トートバッグ


楽天市場:
「Fate/stay night」アイテム

「DDD」アイテム

~ノベルズ~

ノベルズ「DDD1」感想

空の境界アイテム

~小説~
■空の境界


空の境界レビュー

月姫アイテム

~BOOK~
■月姫読本「Plus Period」

月姫読本「Plus Period」感想

■真月譚・月姫コミック


真月譚月姫(1)
真月譚月姫(2)
真月譚月姫(3)

■アンソロジーコミック


~CD~
■EVER AFTER


■真月譚・月姫オリジナルサウンドトラック1


■真月譚・月姫オリジナルサウンドトラック2


~DVD~
■真月譚・月姫

メルティブラッド

~ゲーム~
■メルティブラッド(PS2版)

「メルティブラッド」関連TOP
詳細「メルティブラッド アクトカデンツァ」

~BOOKS~
■メルティブラッド アクトカデンツァ(PS2版)


■メルティブラッドAct Cadenza攻略本(ゲーセン版)


■メルティブラッドRe-Act攻略本

「メルティブラッドRe-Act攻略本」感想

■メルティブラッド攻略本


■MELTY BLOODコミック

書籍感想:「メルティブラッド」コミック

■アンソロジー


リンク

リンク:TOP

公式HP
├法人「TYPE-MOON」
├同人「TYPE-MOON」
├公式HP「Fate/Zero」
├アニメ「Fate/stay night」
├「フランスパン」
├「メルティブラッド Act Cadenza」
├「エコールソフトウェア」
├「Ligt's」
└「絢爛舞踏祭」

SS検索サイト
├全自動月姫Links
└弓兵サーチ

SSサイト
├西奏亭
├Acid Rain
├kero-kero PEACH
├うのはなことのは
├私立桐月図書館
└Arcadia

Webコミック
├発作的突然変異
├Graveyard【迷走墓地】
├白花雨&ぐりーんぺっぱー
└ろくでなしの詩

イラストサイト
├萌えビアの湖
├眠りの園
├鬼包丁
├Blue Forest
├Expensive Noise
├Neutral
├PANNAKOTTA XP
└tree field

同盟
├イリヤ同盟
├凛好き同盟
├弓凛同盟
├槍凛同盟
├ランバゼ同盟
├魔葛同盟
├セイバー騎士団
├バゼット同盟
└A&Bアイコン置き場
└桜スキー主張アイコン置き場
 └空の境界同盟

制作スタッフHP
├竹箒
├仲良き事は
├ELECTRIC FIREFLY
├この空の下で
├南国LIFE
└KAMO HOUSE

玄人好みサイト
├Fate.map
├月姫研究室
├Type-MoonSS投票所
├「Fateサーヴァント」占い
├「今のアナタはこんなキャラ?!」占い
└月姫占い

素材サイト
├瑠璃色迷宮
├Miniature Type
├牛飼いとアイコンの部屋
├K2DREAM
├AYUMI'S HP
└Icon Museum

姉妹サイト
 └白の本棚

リンクについて

管理者ページ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。