Entries

*スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*一言メッセージ←メールソフトなしでも送れます(お返事です)
*読書カード←足跡記念、感想をお寄せください
にほんブログ村 小説ポエムブログへFC2ランキング

-件のコメント

[C105] いつもコメントありがとうございます。

>セイバーのハラペコさんメーターが上昇してきました(笑)
最初に比べ、セイバーも素が出てきて嬉しいです。
原作を知らないのですが、よくサッカーをやっているセイバーさんをネット等で見るのですが、アニメでも見れるかどうか期待しています。

[C104] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/05/06(06:26:14)
  • 編集

-件のトラックバック

*『Fate/stay night』アニメ感想:十七話『魔女の烙印』

○『Fate/stay night』アニメ感想:
十七話『魔女の烙印』


■ご注意

 今回のお話には、セイバーとキャスターの正体がわかってしまいます。
 知りたくない方は、ご注意です。


■冒頭

 ――――戦場に、剣を掲げた王がいる。

 それに呼応するように、勇敢なる騎兵の軍勢が雄雄しく声を上げる。

 その王、戦の常に先陣に立った。
 その王、戦に無敗を誇った。
 その王、迫り来る外敵から国を守った。

 ……臣下は、影ながら囁きあう。

「王は領土の村を一つ捨てた」
「勝利を得るためとはいえ、冷酷な王よ」
「村を犠牲にせずとも、我軍勢の勝利は不動だったはず」
「アーサー王には、人の心がわからんのだ」
「民の声を介さぬ者に、どうして国が治められよう」

 そうだ、そうだ、と追随する声は止まない。
 あまつさえ、その声は大きくなる。

 けれど、その王はそれに黙して何も語らない。
 それがどうしても理解できなくて、見ていられなくて、声を張り上げる。

『――セイバー! セイバー!』

 ……届かない。

 差し伸べる手も。
 慰めも、励ましの声も。
 非難の声から彼女を守りたいという心さえも届かない。

 これは、セイバーの過去。
 彼女の過去を夢見ている士郎には、ただ見ていることだけしかできない。

 国を守るためにがんばってきた彼女を、どうしてみんなは責めるんだ――!?


■ストーリー

 セイバーの過去を夢に見て、納得いかない士郎。

 今朝は桜と藤ねえも朝食に合流。
 そこで、イリヤも遠坂の親戚筋として紹介されて晴れて衛宮家の居候に。

 朝食の時間は穏やかに流れるも、デザートの出現で食卓は戦場に。
 最近の午前中の日課とも言える道場で、ニュースの話題になっていた謎の昏睡事件の犯人ついて作戦会議。
 柳洞寺に巣を張るキャスターの仕業というイリヤの情報もあり、今後は柳洞寺に攻め入る方針を固める。

 そこに、衛宮邸を訪問してきた一成。
 彼とのやりとりで、柳洞寺には葛木先生もいることがわかり、マスターの可能性が高いと睨む。

 それを確認するべく、葛木先生を学校の帰り道に待ち伏せる。
 キャスターのマスターは葛木先生と判明。

 マスターのガードに現われたキャスターといっしょに戦闘に突入。
 しかし、葛木先生の卓抜した格闘スキルに、セイバーは圧倒される。

 そのまま遠坂ともに蹂躙されるところを、アーチャーの双剣“干将(かんしょう)”・“莫耶(ばくや)”を士郎は投影して何とか凌ぐ。

 士郎の稼いだ間に、復帰したセイバー相手に不利と見たのか、協力の交渉を始めるキャスター。
 半ば一方的な要求の協力を呑めるわけがなく、交渉決裂。

 キャスターが、もう一人の魔術師を狙っていることが判明。
 至急、自宅にいるイリヤを守るべく急行。

 時、既に遅し。
 士郎達が家に着いた頃には、セイバーはキャスターに操られた桜の手にかかり聖剣を封じられ、桜は彼女の手に落ちるところまで。


■セイバーの過去夢

「――アイツはアーサー王として、みんなを守るためにがんばってたじゃないか。
 なのに、どうして責められなくちゃいけないんだ……!」

 セイバーの過去を夢見て、憤る士郎くん。
 上に立つ人は、結果を出さなくちゃいけない責任があって、結果を出したら出したで、嫉妬の対象となり、不平不満を探し出して吐き出す対象としちゃう傾向が人にはあるようで……。

 上記の不満を訴える家臣の人達は、政治に不満があると言いながらも、決して自分から国や政治を変えようとしない他人任せな人達なワケです。
 ……まぁ、これに関して、偉そうなコトは私は言えなかったりします。

 国を本気で変えたかったら、文句を言う前に選挙に行くなり、立候補して国政に参加するべきなんですよねぇ。
 でも、それで国が変わるほど甘くはないようなので、立派な志ももって議員になったとしても……。


■藤ねえ、食欲漲るぅ~

「食欲漲るぅ~!!!」

 朝一番、衛宮邸の食卓で吠える、藤ねえ(笑)。
 とっても元気だね。

 そして、桜ちゃんも元気。
 普通な感じの印象を受けるということは、慎二くんはまだ発見されていないことになっているのかな? ま、どうでもいいけど。


■イリヤ、衛宮家デビュー

「――えっと、実はこの子、うちの遠い親戚なんですが、急に外国から訪ねてきまして……。
 ご迷惑と存じますが、しばらくこちらでごいっしょさせていただけないかと」
「イリヤスフィールと申します。イリヤとお呼びくださいお姉さま方」
「よろしくー。私は藤村お姉さまでいいよー」
「桜です。よろしく」

 ……と、イリヤ嬢は無事に衛宮家デビュー。

 セイバーと遠坂さんの時は、一悶着あったけどイリヤ嬢に対してはすんなりOKサイン。
 なぜか遠坂さんの親戚筋になっちゃってるのが面白い。

 一応、遠坂さんはドイツのクォーターという血筋の方なので、ドイツ出身のイリヤとまるっきり無関係ではないわけですけど……。
 まぁ、藤ねえがイリヤの血筋を知ったら、どうなるのか気になるところですけども。


■厳重注意!!!

「あのさ、セイバー。この前の話だけど……」
「シロウ、食事中の私語は消化によくありません!」
「す、すまん」

 セイバーのハラペコさんメーターが上昇してきました(笑)。
 どうやらセイバーは、食事中は静かに味わいたい様子。一生懸命なんだネ。

「先輩とセイバーさん、とっても仲がいいんですね」
「う!? そ、そうかな?」
「……じ、実に出汁が利いています。シロウもよく味わうといい」
「う、うん」

 一線(?)を越えた二人の仲を察したのか、桜は「くすくす」と笑って二人をからかう。
 動揺する初々しいその様子は、彼女でなくても肴にしたいところです。

 ですがっ、桜さん!
 そんな暢気なことじゃ、先輩、セイバーちゃんにとられちゃうヨ?


■デザート争奪戦

 朝食後に、桜が用意しておいたデザート。
 つーか、朝食にデザートまで出てくる衛宮邸の食卓って一体……。

 ともあれ、アイスっぽいデザートは六つ。

 桜は、客間の掃除をするとかで途中退場。
 恐らくは聖杯戦争の被害について、兄貴のことを思い出しでもしたのでしょうか。

 ……つまり、アイス六つに対し、口は五つ。
 うん、一つ余るね。

「うん、美味しい♪」
 まず口火を切ったのが、イリヤ嬢。
 ちゃっかりしてるネ。

「あ、イリヤちゃんずるいぞー!」
 そう言う藤ねえは、朝食のおかずをひょいひょい強奪してたじゃないか。

「あら、そっちのも美味しそうね」
 更なる標的、桜の分と思われるアイスにも食指を運ぼうとするイリヤ嬢。
 目ざといんだネ。

「待ちなさい、イリヤスフィール。コレとソレは、私とシロウの分です!」
 さすが最優のサーヴァント・セイバーは頼りになる。
 マスターの分のアイスもしっかり確保しているヨ、自分の好みで。

「あー、もう自分の分決めてるしー!?」
 藤ねえ、きっと決められなくて後悔するタイプだ。

「大人気ないな。ジャンケンで決めろよ……」
 すっかり大人になった士郎くん。
 うぅ、成長したんだネ。

「よーし、負けるもんかー!!!」
 デザート争奪戦、ここに勃発。
 藤ねえ、イリヤ、セイバーが雌雄を決する……!

 ……そして、我関せずと黙々とデザートをクールに食す遠坂さんがステキだと私は思う。

 勝敗に関しては、勝負運に強い優勝者がセイバー、何だかんだと美味しいところを攫っていくイリヤが次点で、ビリが藤ねえだろうと予想。


■道場で作戦会議

「さっきのニュースのことだけど……」
「昏睡事件か……」
「今までより大規模になってきたわ」

 ある意味抑止力となっていたバーサーカーが滅んだことで、柳洞寺にいる連中が活発になってきたと語りあう、遠坂と士郎、それにセイバー。

「みんなで作戦会議? わたしも混ぜて」
 そこに新たなブレイン、イリヤも登場。

「――イヤよ。さっきは猫被らされて疲れたんだから。
 今の話に関係ある情報知ってるんだけど、教えるの止めようかな……?」

 え、猫を被らされていた?
 ウソだ!!! だって、あんなに楽しそうにしてたじゃん、ノリノリでっ!!!
 まぁ、あれだけ藤ねえといっしょに騒げば、疲れても無理もないと思う今日この頃。


■キャスターの正体

「何ということを。契約を交わしたマスターを手にかけるとは……!」
「当たり前よ。だって、アイツの正体はメディアだもん」

 イリヤによって明かされるキャスターの正体。
 現代風に言うなら、ハマーンさまと思えば間違いなし(笑)。

 ――――メディア。

 王女メディアは、ギリシア神話におけるアルゴー船でイアソンとの恋物語が有名。
 彼女は、コルキス王国(黒海の東岸、現在のグルジア付近)の王女で、女神ヘカテ(地獄の女神)神殿の巫女。

 アルゴー船の始まりは、イアソンが叔父であるぺリアスから、金羊皮を持ち帰ることが王座を譲る条件と言われたことがきっかけ。
 ぺリアスは、異父兄アイソンが高齢なことを理由に、その息子イアソンが成人するまでと偽り、イオルコス(ギリシア中部の現ヴォロス市)の王座を奪っていた。

 王女メディアは、国の宝を奪いに来たそんなイアソンに一目惚れ。
 父アイエテスの無理難題に対して、魔法薬を渡したり、金羊皮の番人である竜を眠らせたりと彼女はイアソンに協力。
 果ては、イアソンといっしょに国外へ出たところで艦隊に包囲されると、和解の使者としてきた弟アプシュルトスを八つ裂きにして逃走するなど、残虐な策を弄することも。

 約束通り金羊皮を持ってイオルコスに戻っても、ぺリアスは王座を譲らず。
 また、ぺリアスは、老いたアイソンを虐待し自殺に追い込んでいた。

 それに意気消沈するイアソンを見かねて、メディアが若返りの秘儀を授けると偽り、ぺリアスを煮えたぎる大釜に入れて殺し、復讐を果たした。
 こうしてペリアスを殺し、弟を犠牲にするなどしたメディアの風当たりもあって、彼らはイオルコスから追われることに。

 それから十年、コリントス(ペロポネトス半島北東、現在ギリシアのコリント付近)の地に身を寄せていた二人は、二人の男子にも恵まれて穏やかな時間が過ぎる。
 けれど、最終的にメディア恋は、悲恋となる。

 夫であるイアソンは、コリントス王クレオンに見出され、一人娘のグラウケの夫――コリントスの後継者にと推され、彼はこれを了承した。
 裏切られたメディアは、グラウケに毒入りの着衣を贈って殺し、それを助けようとしたクレオンもその毒によって死に至る。
 そして、イアソンとメディアの息子である二人も彼女は殺し、どこかへと姿を消した。

 その後の彼女は、ミノタウロス退治で有名なテセウスの父アイゲウスと再婚。

 その実子であるテセウスが父の下に来訪したことで、彼が邪魔となり殺そうと計る。
 けれど、テセウスの持つ剣が己の剣だとわかり、アイゲウスにその策を見破られて失敗に終わる。
 その罪を問われ処刑される前に、メディアはアジアの方面に逃れました。
 一説には、メディアは流浪の最期に故郷コルキスの地に戻ったと言う。


■会いたかった……!

「先程、生徒会の用事で葛木先生に呼ばれてな。
 ついでだから休日の衛宮の顔を見ていこうと思い至った次第だ」

 ……あぁ、とっても会いたかったんだね(ほろり)。

 地理的に考えると、柳洞寺から穂群学園へは深山町の交差路を一端経由しないといけないため、衛宮邸に行くならすごく大回りに。

 柳洞寺 → 交差点 → 衛宮邸 → 交差点 → 学校

 とても「ついで」という距離ではないのですが、一成くんの想いにはそんな距離など関係ないのでしょう(笑)。


■軽くガンド一発

 イリヤからの新情報と、一成君の情報で、葛木先生が怪しいと睨んだ遠坂さんは学校帰りに待ち伏せを決行。

 手を回して、葛木先生の帰りを遅く出来る遠坂さんの権力が謎。

 もしかしたら、多額の寄付金のおかげか、学園長辺りに弱みを握っているかの、どちらかでしょう。
 教会経由では、言峰神父を毛嫌いしている彼女はそれを善しとしないでしょうから。

「軽くガンドを撃ってみて、間違いだったら二日は風邪で寝込むでしょうけど。
 私も可能な限り手加減する」

 えー、二日で寝込む程度で済むような威力じゃなかったと思う、五話「魔術師二人<前編>」参照。

 つまり、それぐらい遠坂さんは士郎くんに対して本気で撃ち込んでいたんだ……。
 いやー、よく生きてるもんだー、士郎くん。尊敬する。


■マスター・葛木先生

 操られているか、そのキャスターの行動を知らないだけか、確認をとる士郎くん。
 けれど、彼にとって最悪なことに、葛木先生はキャスターの行動を詳しく“知らなかったけれども”、「それは悪いことなのか?」と肯定する外道の人でした。

「私は魔術師ではないし、聖杯戦争とやらにも興味がない。
 私は、そこいらの朽ち果てた殺人鬼だよ」

 そう語り、セイバーの剣撃を躱し、あまつさえ肘と膝の間に挟みこんで、彼女の剣を白刃止め。
 攻め手に回れば、キャスターの補助によって、アスファルトに穴をあけるほどの威力を秘めた拳でボディ・ブロー。
 そして、振るう剣を掻い潜って懐に入り、首を掴み地面に叩きつける。

 ……さすが、Fateにおいて一、二を争う拳骨(げんこつ)王。
 修練の果てに至った拳は、サーヴァントに匹敵するというトンでもマスターです。


■“干将(かんしょう)”・“莫耶(ばくや)”

 セイバーを下し、遠坂に当身を喰らわせ、強化した木刀さえ一撃で破壊する葛木先生。
 次の瞬間には必殺の一撃が見舞われるその時に、バックミュージック“エミヤ”が流れ出す。

 手順などどうでもいい。
 作れ。
 偽装しろ。
 強化と複製の違いなどないものと思い込め。
 急げ! 死ぬのは俺だけじゃないんだ……!

「――トレース・オン!」

 士郎くん、アーチャーの双剣“干将(かんしょう)”・“莫耶(ばくや)”を投影。
 弾丸めいた葛木先生の拳を、その双剣で凌ぎきる。

 おぉー、主人公みたいだ!(←注:間違いなく主人公です、ええ)

 この双剣を投影してみせたことで、遠坂さんが「干将・莫耶!? ……ウソ!?」と息を呑むシーンあり。
 これでアーチャーが誰だったか、彼女には思い至っていくのでしょう……。


■交渉決裂

 士郎くんが凌いだ間に、セイバーが復帰。
 それを不利と見るや、キャスターが交渉を持ちかけてくる。

 けれど、その協力を受ければ、聖杯維持のために多くの人を犠牲にし、魔術師を一人生贄にしないといけない。

 当然のことながら、士郎くん達はこれを蹴る。

 はっきりと断りの言葉を言わなかった遠坂さんは、語るまでもないと黙していたか、それも仕方がないと考えを巡らせていたか、ちょっと判断が尽きかねるシーン。
 個人的には、前者であると思いたかったり。

「……残念ねぇ。
 でも、あなた達以外にも一人相応しい魔術師はいるわ……」

 最後に言い残したキャスターの言葉に、イリヤが危ないと思い至り衛宮邸に急行。
 これ、前回のラストの伏線ですな。

 TVの前のみんなは、「桜ちゃんだよー」と思ったに違いない。


■ルール・ブレイカー

「抜かったわね、セイバー。
 これが、あらゆる魔術契約を無効にする我宝具――ルール・ブレイカーよ!」

 と、操る桜ちゃんを通じてセイバーにぐっさり。
 魔力不足なために、本来のマスターとの契約破りには至らなかったものの、彼女に聖剣の封印には成功。

 ……?
 どういう理論で、聖剣封印に至ったのかイマイチ不明ですが。

 そして、人質兼生贄として、キャスターの手に落ちてしまう薄幸のヒロイン桜ちゃん。
 ドムみたいにホバリング移動する無表情の桜ちゃんは、ちょっと見けっこう怖かった……。

 で、結婚届けもこの剣にかかれば、あら不思議、離婚届けに早代わりしそうな不思議剣。
 メディアの人生の縮図、“裏切り”という概念を持った武器として無事お披露目することになりました。

 でも、桜ちゃんの精神防御力は城塞レベルだと言われていたのに、陥落するとは恐るべし魔女よ、キャスター……!


■次回、謎の美少女さん

 次回予告は、キャスターさんの少女時代。
 素直そうな娘さんだったのに……。

 どうやら、キャスター、葛木先生の過去話が出てきそうな雰囲気。


■『Fate/stay night』アニメ感想ページアクセス

 前回:十六話『約束された勝利の剣』
 総合:『Fate/stay night』アニメ感想一覧表
 次回:十八話『決戦』


■コトゴト

 → コトゴト お題:Fate アニメ十七話『魔女の烙印』
 アニメを視聴後、コトゴトとして連想派生させてみました。

*注:コトゴト?
 コトゴト(言言)は、会話のみの二次創作物になります。


『Fate』アニメを語るサイト集

 『Fate』アニメを語っていらっしゃるサイトのリンク集です。
 コメント・トラックバックしていただいた、させていただいたブックマークでもあります。


■『Fate/stay night』アニメ・トラックバックセンター

 『Fate/stay night』アニメに関して、関連記事を探す場合は下記のサイトをご参照ください。
 → トラックバックピープル:Fate/stay night
 → ブログ村:Fate/stay night
 → FC2:Fate/stay night


■DVD『Fate/stay night』アニメ六巻



 DVD五巻目には、『Fate』アニメの16~18話を収録。

*『Fate/stay night』アニメDVD詳細
 → 『Fate/stay night』アニメDVD


■関連ミュージック



スポンサーサイト
*一言メッセージ←メールソフトなしでも送れます(お返事です)
*読書カード←足跡記念、感想をお寄せください
にほんブログ村 小説ポエムブログへFC2ランキング

2件のコメント

[C105] いつもコメントありがとうございます。

>セイバーのハラペコさんメーターが上昇してきました(笑)
最初に比べ、セイバーも素が出てきて嬉しいです。
原作を知らないのですが、よくサッカーをやっているセイバーさんをネット等で見るのですが、アニメでも見れるかどうか期待しています。

[C104] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006/05/06(06:26:14)
  • 編集

-件のトラックバック

Appendix

メッセージ

White Snow

 運営者:White Snow
  ようこそ、いらっしゃいました。
 運営者“White Snow”は、いつでも歓迎します。

 最近は時間的に、コメント、メールに対してお返事することが難しくなっております。
 ……申し訳ありません。

(最終更新日:2007/03/26)

独り言(インフォメーション)
プロフィール
ご挨拶
更新記録


全記事(数)表示

全タイトルを表示

新着トラックバック


Fateアイテム

~ゲーム~
■Fate/stay night

*注:「extra edition」にはPSPソフトが同梱。


「フェイト/ステイナイト(レアルタ・ヌア)」PS2版



「Fate/stay night」CD版感想

「Fate/stay night」DVD版感想

■Fate/hollow ataraxia


「Fate/hollow ataraxia」感想

~カレンダー~


~DVD~
「Fate/stay night」アニメDVD
「Fate」アニメDVD:ナビ


~CD~
■「Fate/stay night」キャラクターイメージソング 間桐桜


■「Fate/stay night」キャラクターイメージソング 遠坂凛


■「Fate/stay night」キャラクターイメージソング セイバー


■TVアニメーション「Fate/stay night」オリジナルサウンドトラック

音楽CD:「Fate/stay night」オリジナルサウンドトラック

■きらめく涙は星に

「きらめく涙は星に」感想

■Fate/another score-super remix tracks

「Fate/another score-super remix tracks」感想

■disillusion

「disillusion」感想

■あなたがいた森

「あなたがいた森」感想

■「Fate/hollow ataraxia」オリジナルサウンドトラック

「Fate/hollow ataraxia」オリジナルサウンドトラック感想

■「Fate/hollow ataraxia」マキシシングル

「Fate/hollow ataraxia」マキシシングル感想

■Fate/stay nightイメージアルバム「Wish」

Fate/stay nightイメージアルバム「Wish」感想

■「Fate/stay night」ORIGNAL SOUNDTRACK

「Fate/stay night」ORIGNAL SOUNDTRACK感想

■「THIS ILLUSION」マキシシングル

「THIS ILLUSION」マキシシングル感想

~BOOKS~
■「Fate/stay night」コミック(西脇だっと)

書籍感想:「Fate/stay night」コミック


■Fate/Unlimited Guide
レビュー
Fate Compilation Book
レビュー
フェイト/ステイナイト・プレミアムファンブック
レビュー

~同人誌・アンソロジー~
「Fate」同人誌


「Fate/stay night」アンソロジー


「Fate/hollow ataraxia」アンソロジー


~トレーディングカード~
「Fate/stay night」トレーディングカード ハイグレードエディションBOX

Fate/stay night トレーディングカード オフィシャルカードバインダー


~懐中時計~
Fate/stay night 懐中時計


~カップ~
セイバー マグカップ


凛マグカップ


タイガー道場 湯のみ


~ぬいぐるみ~
セイバー ぬいぐるみ エグゾースト版


遠坂凛 ぬいぐるみ エグゾースト版


間桐桜 ぬいぐるみ エグゾースト版


~キーホルダー~
Fate/stay night ラバーキーホルダー セイバー

Fate/stay night キーホルダー 遠坂凛 ペンダント型

~名刺ケース~
セイバー名刺ケース


遠坂凛名刺ケース


Fate/stay night アニメ版 名刺ケース エグゾースト版

~フィギュア~
フィギュア


~キャラクター小物~
Fate/stay night トリコレ! BOX


Fate/stay night アニメ版 ストラップ

ピントレコレクション TYPE-MOONコレクション BOX


パームキャラクターズ アーチャー&凛セット


Fate/stay night シール マウスパッド 3種セット

Fate/stay night ボトルキャップ フィギュアコレクション 第2弾 BOX


Fate/stay night トレーディングファスナーマスコット BOX


「Fate/stay night」ipod nano専用ケース


Fate/stay night タイガー道場 手ぬぐい


魔術回路トートバッグ


楽天市場:
「Fate/stay night」アイテム

「DDD」アイテム

~ノベルズ~

ノベルズ「DDD1」感想

空の境界アイテム

~小説~
■空の境界


空の境界レビュー

月姫アイテム

~BOOK~
■月姫読本「Plus Period」

月姫読本「Plus Period」感想

■真月譚・月姫コミック


真月譚月姫(1)
真月譚月姫(2)
真月譚月姫(3)

■アンソロジーコミック


~CD~
■EVER AFTER


■真月譚・月姫オリジナルサウンドトラック1


■真月譚・月姫オリジナルサウンドトラック2


~DVD~
■真月譚・月姫

メルティブラッド

~ゲーム~
■メルティブラッド(PS2版)

「メルティブラッド」関連TOP
詳細「メルティブラッド アクトカデンツァ」

~BOOKS~
■メルティブラッド アクトカデンツァ(PS2版)


■メルティブラッドAct Cadenza攻略本(ゲーセン版)


■メルティブラッドRe-Act攻略本

「メルティブラッドRe-Act攻略本」感想

■メルティブラッド攻略本


■MELTY BLOODコミック

書籍感想:「メルティブラッド」コミック

■アンソロジー


リンク

リンク:TOP

公式HP
├法人「TYPE-MOON」
├同人「TYPE-MOON」
├公式HP「Fate/Zero」
├アニメ「Fate/stay night」
├「フランスパン」
├「メルティブラッド Act Cadenza」
├「エコールソフトウェア」
├「Ligt's」
└「絢爛舞踏祭」

SS検索サイト
├全自動月姫Links
└弓兵サーチ

SSサイト
├西奏亭
├Acid Rain
├kero-kero PEACH
├うのはなことのは
├私立桐月図書館
└Arcadia

Webコミック
├発作的突然変異
├Graveyard【迷走墓地】
├白花雨&ぐりーんぺっぱー
└ろくでなしの詩

イラストサイト
├萌えビアの湖
├眠りの園
├鬼包丁
├Blue Forest
├Expensive Noise
├Neutral
├PANNAKOTTA XP
└tree field

同盟
├イリヤ同盟
├凛好き同盟
├弓凛同盟
├槍凛同盟
├ランバゼ同盟
├魔葛同盟
├セイバー騎士団
├バゼット同盟
└A&Bアイコン置き場
└桜スキー主張アイコン置き場
 └空の境界同盟

制作スタッフHP
├竹箒
├仲良き事は
├ELECTRIC FIREFLY
├この空の下で
├南国LIFE
└KAMO HOUSE

玄人好みサイト
├Fate.map
├月姫研究室
├Type-MoonSS投票所
├「Fateサーヴァント」占い
├「今のアナタはこんなキャラ?!」占い
└月姫占い

素材サイト
├瑠璃色迷宮
├Miniature Type
├牛飼いとアイコンの部屋
├K2DREAM
├AYUMI'S HP
└Icon Museum

姉妹サイト
 └白の本棚

リンクについて

管理者ページ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。