Entries

*スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*一言メッセージ←メールソフトなしでも送れます(お返事です)
*読書カード←足跡記念、感想をお寄せください
にほんブログ村 小説ポエムブログへFC2ランキング

-件のコメント

-件のトラックバック

*お題『アーチャー支援』

○コトゴト『TYPE-MOON』作品関連
<お題『アーチャー支援』(2005/10/07)>



作者:White Snow


『Fate』コトゴト改修版 ~ 直球37本勝負・出張版 ~

~ 作者から読者の皆様に ~

 当作品は、オフィシャルホームページにて行われた第一回
人気投票の応援作品として『アーチャー支援用』に投稿した
ものになります。内容自体はほとんど変更はありませんが、
加筆修正とおまけを加えさせて頂きました。
 完全版ということで、自粛したのも追加させました。

 なお、当作品は『Fate』をクリアされ、オールコンプを果
たし、イメージを徹底的に崩されたキャラを見てもなお愛し
ていけると、アーチャーに「ついてこれるか?」と問われた
ら思わずついていってしまう方を対象にしております(笑)。


<戦え、前半戦!>

1.自己PR ~決め台詞と決めポーズ~

 アーチャー「貫け! 貴方の瞳に、カラドボルク!!!」


 遠坂「……アピール?」
 アーチャー「……うむ。これが精一杯だ……。私には似合
      わんな、こういうのは」(恥し気)

 遠坂(けっこうサマになっているんだけどな……)

 *遠坂ルート版OPのあのシーンからイメージ。


2.自己PR ~語る漢の背中~

 遠坂「くっ、いい!」

 アーチャー「む? 凛、人の背後に回って何を悦に入って
      いる?」
 遠坂「だめっ! 振り返っちゃだめよ、アンタは前を向い
   てなさい」
 アーチャー「????」

 遠坂(はぁー、うっとり♪)


3.自己PR ~特技、デフォルト~

 アーチャー「剣の鍛造精錬と、剣技を少々……」

 遠坂「あと、家事全般」
 アーチャー「……凛、君は私の応援にここに来ているのでは
      ないのか!?
       なぜここで初めての人が聞いたら誤解を受ける
      ことをいう!?」
 遠坂「なぜって、むしろそっちがメインでしょ? それに
   わたしの専属だし」(朗らかに)

 アーチャー「凛、いつも大事なときに失敗するのはその勘
      違いのせいだ!」


4.自己PR ~特技、天然口説き魔~

 遠坂(ふん、アンタはいくら冷たい人間なんだってごまか
   そうたって、人間らしさは捨ててないのは知っている
   んだから)

 アーチャー「凛、どうして笑っているのかよくわからない
      が、君のその笑顔は素敵だ」
 遠坂「っ!? な、なんでもないわよ!!!」


5.自己PR ~笑顔の価値~

 アーチャー「答えは得た。大丈夫だよ遠坂。オレも、これ
      から頑張っていくから」

 遠坂「――その笑顔は百万ドルくらいの価値はあるわっ!」
 アーチャー「……どうしてすぐに金銭に結びつける?」


6.自己PR ~雨降り(?)の時には~

 アーチャー「凛、送って行こう。外は雨だ」
 遠坂「ありがとう、アーチャー」

 ギル「はは、ははははははは!!!!
   そらそらそらそらっ、降れ、降れ、降れ~!!!」

 アーチャー「……ハァ、『熾天覆う七つの円冠
      (ロー・アイアス)』!!!」

 遠坂「――ほ、ホント助かっちゃった……。こんな中、絶
   対に帰れないから」
 アーチャー「剣の雨では仕方あるまい」

 二人は相合傘をしながら帰りました。


7.遠い記憶 ~思い出の人~

 遠坂「ね、聞いていい? 貴方の好きな人は誰だった」
 アーチャー「……生きていた頃のことは、磨耗してよく覚
      えていないな。けど……」
 遠坂「けど?」

 アーチャー「――そうだな。覚えているのは、赤い石の持
      ち主」
 遠坂「!」
 アーチャー「死の淵から助けてくれたその人を、私は長い
      間知らなかった。この間、ようやく返すことが
      できたが……」
 遠坂「そ、それって……」
 アーチャー「凛、感謝している」

 遠坂「ば、ばっ、ばかっ!
   あー、もう何を言ってるのよ(照れ怒る)」


8.漢の友情 ~青~

 ランサー「よぉ、応援に来てやったぜ」
 アーチャー「! まさか来るとはな、どういう風の吹き回
      しだ? 私のことは嫌いじゃなかったのか」

 ランサー「は、なーに言ってやがる。こんなお祭りやって
     いるときにそんな下らないこと言うなって。この場は
     男らしく応援に来てやっているんだ」

 アーチャー「……ほおー。で、その馴れ馴れしく凛の肩に
      回した手は何だ?」
 ランサー「安心しろ。お前が人気投票で忙しい間は、オレ
     がお嬢ちゃんとよろしくやっているからな(キラーン☆)」
 アーチャー「こりんな、貴様! 凛は私のものだ」
 ランサー「は、オレがわかるワケねーだろうがっ!」
 アーチャー「このわからず屋っ!」

 遠坂「え? 今、さらりと流されたけど、凄いこと言って
   なかった?(嬉々として)」


9.カラーズ ~赤と青の混色の場合~

 ライダー「お呼びになられたと聞きましたので参上しました」
 アーチャー「? はぁ、はぁ、はぁ、別に呼んではいない
      が……」
 ランサー「はぁ、はぁ、ふー。そうだ、ここは男の決闘の
     場所だぜ」

 小次郎「――ふむ、先を越されたか」
 アーチャー「!? 今日は千客万来だな」
 ライダー「もうワケがわからんな」

 小次郎「この場はどうしても譲れぬ。この場に相応しいの
    は誰か――」
 ライダー「――いいでしょう。私には小事ですが、この場
     に立つのにふさわしいのは誰か、ここで決めましょう!」

 流麗なる剣技と高速体術がぶつかり合う!

 遠坂「何でいきなりイメージカラー『紫』の座を巡って、
   戦い出してるのよ?」
 アーチャー・ランサー「いや、別に『聖色』戦争はしてい
           ないが……」


10.カラーズ ~赤と青と○~

 藤ねぇ「はーい、お姉ちゃんですよ~」

 アーチャー「! どうして、藤ね――いや、大河が出てく
る?」
 藤ねぇ「あたし? ゴメンねー、本当はデフォルトで黄色
    の人が来る予定だったけど、入場資格がなかったから
    代わりに私が虎柄の黄色ということで」
 ランサー「いや、何で黄色がそこで出てくるのがわからん」
 アーチャー「同感だ」

 藤ねぇ「それは不本意ながら、あたしたちは『Fate』の信号機
    だからよ!」

 ランサー「――嫌な面子だ」
 アーチャー「……同感だ」


11.カラーズ ~心理学からの推察~

 遠坂「あははは、確かに『Fate』の信号機と言うのは
   当たってる(笑)」

 アーチャー「む、どういうことだ?」
 遠坂「ストレスに対する人の反応、と考えれば面白い比較
   になるわ。
    まずランサーはストレスを感じてもサラリと流せる
   し、藤村先生はすぐに爆発するけどそんなに大きく後に
   引かないわ。けど、アンタは……」(急に真面目な顔)
 アーチャー「む?」

 遠坂「アンタの場合、ぐっと溜め込んじゃうタイプでしょ?
   だからまとまって爆発しちゃう。だから変な風に暴走し
   ちゃうのよ。人生をもっと楽しみなさい!!!」
 アーチャー「むぅ……」


12.辛党神父の応援 ~暗躍~

 アーチャー「貴様っ!? ここに何の用だ!?」
 言峰「安心したまえ。私は、誰が人気投票で一位を得ようと
   構わないのだよ。むしろ結果に杞憂する君たちを見ている
   方が正直楽しいのでね。
    だから、こうして隣町の教会からわざわざ神の奇跡を
   賜れるように応援に来たのだよ」

 アーチャー「とか言いつつ、さっきランサーを送り込んで
      きただろう」
 言峰「…………」

 アーチャー「――なぜ目線を逸らす?」


13.差し入れ ~辛党神父の場合~

 言峰「アレにはそう――偵察を命じてあったのだ」

 アーチャー「そのとってつけたような理由は何だ?」
 言峰「神に誓ってもいい(ニヤリ)」
 アーチャー「……嘘じゃないか」
 言峰「ふむ、手厳しいな。それはそれとして、これは差し
   入れだ」
 アーチャー「マーボーなどいらんっ!」

 言峰「……なぜわかったのだ?」
 アーチャー「そんなの千里眼……、いや、使っていないの
      にわかったのはなぜだろうな、むむむ?」


14.差し入れ ~葛木先生~

 葛木「とっておけ」

 ――おもむろに渡して去っていく。

 遠坂「何渡されたの?」
 アーチャー「む……安産のお守り、だな」
 遠坂「お寺だからかしら? ……時々、あの人がわからな
   いわ」


15.差し入れ ~キャスター~

 遠坂「キャスターからこんなものが届けられているけど?」

 アーチャー「……招き猫? どうしてこんなものが送られ
      てくる?」
 招き猫「オイデー、オイデー、オイデー……
    (以下、エンドレス)」
 遠坂「うわっ! 呪いがかかってるわ、コレ」

 アーチャー「これは皮肉か」
 遠坂「痛烈な皮肉を感じるわね。さすが魔女、痛いところ
   を突いてきたわ」



<燃えろ、中盤戦!>

16.あなたとの契約 ~イフーな世界~

 遠坂「アーチャー。もう一度わたしと契約して」
 アーチャー「それは――…………」

 一成「聞いたか、衛宮! あの遠坂が浅黒い異国の男と結
   婚したらしいぞ」
 士郎「あぁ、聞いた」
 遠坂「遠坂シロウと言うのよ♪」
 一成「な、な、何だと!?」

 士郎「誤解、生むだろ」
 遠坂(旧姓・弓)シロウ「まったくだ」


17.希代の星 ~泰山の主と赤の料理人~

 士郎「くっ、今の俺では無理だ。ヤツに勝てそうなのは悔
   しいが、お前しかいない」
 遠坂「そうね、同意見だわ。相手は自称・中国四千年の歴
   史よ。だったらこちらは生涯を料理に捧げた年齢不詳
   の謎の料理人よ」

 魃さん「さぁ、味勝負アル!」
 アーチャー「――料理人として英霊になった覚えはない……」


18.鑑定眼 ~計り知れぬ男~

 後藤くん「久しぶりでござるな、衛宮殿。しばらく見ぬう
     ちにずいぶんと精悍になられたものでござるな」

 アーチャー「……ひ、人違いではないかな?(顔を背け、冷や汗)」

 後藤くん「むむぅ、違ったか? あまりに知り合いに似て
     いたもので失礼した。これでも人を見る目はあると
     思っていたのでござるが外れたでござるか……。
      おぉ、わけのわからぬ事を申してしまいましたな。
     では、これにて……」

 アーチャー「初見で私の正体を見破るとは! 奴こそ一体
      何者だ!?」


19.遠き姉弟、遠き兄妹 ~再会~

 イリヤ「あ、あのね。えーと、そのー、えぐっ……」
 アーチャー「!? ど、どうして突然泣き出す?」
 イリヤ「うん。ゴメンね」
 アーチャー「わ、ワケがわらんがこれで涙を拭け」

 ハンカチを差し出して。

 イリヤ「ありがとう。やっぱり優しいところは変わらない
    ね」
 アーチャー「?」
 イリヤ「いろいろと酷いことしちゃってゴメンね。それと
    貴方を守ってあげられなくてゴメンね」

 アーチャー「なぜだ、涙が勝手に……。変だな、止まらな
      い…………」


20.桜咲く季節 ~桜との約束 Ver.桜ルート・ノーマルエンド後~

 桜「せ、先輩っ!」

 アーチャー「ただいま、桜」
 桜「先輩、会いたかった……」

 アーチャー(最後の瞬間、崩壊しかけた聖杯で私を召還す
      るように願ったのか、衛宮士郎?)

 しげしげと左腕を眺めながら。


21.固有結界『無限の剣製』 ~剣の丘の墓標~

 アーチャー「――体は無限の剣でできていた」

 ――変革する世界。

 アーチャー「さぞ無念だったろう。何も無いところだが、
      私の剣の丘でよければ眠るがいい。
       ……これは墓標の代わりだ、バゼット・フラ
      ガ・マクレミッツ」

 ――墓名を刻んだ剣を大地に突き立てながら。


22.バルハラ温泉旅情 ~戦士の語り合い Ver.セイバールート、エンド後~

 ヘラクレス「良い戦いであった。貴殿は我生涯でも屈指の
      猛者であった。できればもう一度手合わせを願い
      たいものだが」
 アーチャー「いいだろう。けれど、次に勝つのは私だがな」
 ヘラクレス「お手柔らかにお頼み申す」(破顔一笑)

 アーチャー(――この人、実はFate中で一番の良識派なのか?)


23.寒空の下の監視 ~うずき~

 アーチャー「ダメだ!! あぁ~、まだ火から出すのは早
      すぎる!
       何をしている衛宮士郎、それでは素材の味を完全
      に引き出すことはできないぞ!」

 アーチャー「くしゅん。――は!? ……思わず覗いてい
      たか。それにしても台所がこんなにも気になるのは
      どうかしている」

 ――士郎をはじめ、家族団欒の声が聞こえる。

 アーチャー「フ、未練だな。私はもうあそこには……」


24.英霊の眠り ~剣戟の音~

 アーチャー「あぁ、うるさくて眠ってられん!」


<叩き落せ、後半戦!>

25.続・バルハラ温泉旅情 ~戦士の語り合い Ver.遠坂ルート、再会~

 イリヤ「やっちゃえ、バーサーカー」
 バーサーカー「ガァアアアアアアアアア!!!」

 アーチャー(――良識派……では、ないな。……私の周囲
      は良識派がいないのか?)


26.続・あなたとの契約 ~弓騎士の誤解~

 遠坂「アーチャー。もう一度わたしと契約して」

 アーチャー「――凛、連帯保証人は勘弁して欲しい」
 遠坂「ちっがぁあああうっ!」


27.続・固有結界『無限の剣製』~剣の丘の墓標2~

 アーチャー「――体は無限の剣でできていた」

 変革する世界。

 アーチャー「何の同情も義理も無いが、おまえもここに眠
      るか?
       顔も無く、墓名を刻む名前も無い元・キャスター
      のマスターよ」


28.続・固有結界『無限の剣製』 ~遠坂ルート、アーチャーの宝具の発覚シーン~

 アーチャー「――体は無限の剣でできていた」

 ――変革する世界。

 遠坂「……どうしてアレがここにあるのかしら? どう見
   ても場違い……」
 士郎「アレも一応……妖刀、魔刀の類だから……」
 セイバー「強い妖気を感じますね」

 アーチャー「? 先ほどからどこを見ている? ――っは!?」

 ――妖刀『虎竹刀』!!!

 士郎(あー、何か立ち上るオーラでバックに藤ねぇが見え
   るな……。う、寒気が……)


29.続・固有結界『無限の剣製(?)』~イメージ一転~

 アーチャー「――体は無限の剣でできていた」

 ――変革する世界。

 遠坂「はい、これ持って」
 アーチャー「?」
 セイバー「なるほど、イメージが変わりますね」
 遠坂「でしょ? いや~、これに気がついたら笑っちゃっ
   て、アハハハハ。まさに中華の鉄人よね♪」

 アーチャー「中華鍋を持っただけなのだが…………」


30.続・遠い記憶 ~思い出のあの……~

 遠坂「ね、聞いていい? 貴方の好きな人は誰だった」
 アーチャー「…………生きていた頃のことは、磨耗してよ
      く覚えていないな。けど……」
 遠坂「けど?」

 アーチャー「――そうだな。覚えているのはじゃがいもカ
      レーかな?」
 遠坂「え? 嘘、美綴なの?」
 アーチャー「そうだったな。あのじゃがいもカレーの作り
      手は彼女だった……」
 遠坂「フフフ、美綴。貴女、賭けの勝負を今こそつけてあ
   げる!」

 ――だだだだ、と親友から仇敵に変わった相手を求めて走り去る。

 アーチャー「――美綴のあのカレーの味がどうしても出せ
      なくてな。気になってしょうがなく……む、凛?
       いつの間にか……いないな」


31.続・遠い記憶 ~旅人~

 アーチャー「む? この御仁はどこかで見覚えが……」

 ――遠坂のアルバムの中の写真の老体を見つけて。

 遠坂「え? 大師父を?」
 アーチャー「ん? んんんん? 変だな、召還されたいつ
      の時代でもどこかで見た記憶があるな。私が見間違える
      はずはないのだが……」

 遠坂「……大師父、本当に見境無しに旅をしていらっしゃ
   るのですね」


32.続・自己PR ~特別仕様・カラドボルク~

 遠坂「ふーん、これがカラドボルク?
   ね、……なんかピンク色だし、ハートの形(捻じれてる?)
   をしているのはなぜ?」
 アーチャー「今回の人気投票用にカラドボルクを、以前見
      た矢を参考にして改良を加えてある。その矢に当たる
     と何でもかんでも恋をしてしまうのだったのだが……」
 遠坂「それは……ファンを――主に女性を狙っている
   のかしら?」

 アーチャー「……凛、そのガンド撃ちは正直勘弁してもら
      いものだが……。ふむ、嫉妬しているのか?(ニヤリ)」
 遠坂「ち、違うわよ!」


33.続・自己PR ~不届き者成敗~

 士郎「確かに恋のキューピッドになってくれたよ」
 アーチャー「くっ、気安く肩を叩くな!」
 セイバー「アーチャー、貴方には感謝している」
 アーチャー「!?」

 アーチャー「フフフ、フ……馬に蹴られて溺死しろ、馬鹿
ップル! “シン・カラドボルク”!!!」(青筋)

 轟く凄まじい爆音。その威力、A++!!!

 遠坂「あれのどこが“恋の弓矢”を模しているのよ?
   “心中の弓矢”とでも言う気!?」


34.続・自己PR ~不器用な漢~

 アーチャー「――あれはギリシア神話、エロスが持つ『恋
の弓矢』なんかじゃない」

 遠坂「え? だってさっきそう言ったじゃない」
 アーチャー「私は――エミヤシロウは、生涯剣以外満足に
投影できない半人前な魔術師だった。だからあの『恋の弓矢
』は模すことができなかった。私にできるのは心を形にする
ことだけ。
       そう――あれは私の燃える闘魂、『心(シン
)・カラドボルク』!!!」

 遠坂「あー、そうね、そうよね。女心もわからないアンタ
が恋心を操るものなんて生みだせるわけないよね」(笑)
 アーチャー「む、まったくもってその通り……なのだが、
少し傷つく」

 *『恋の弓矢』は、創作です。


35.続・自己PR ~心象風景?~

 遠坂「さっきの『心・カラドボルク』だっけ? そのハー
   トが捻じれてたのはやっぱり?」

 アーチャー「どーせ捻くれているさ、ふん」
 遠坂「ふふ、拗ねてる拗ねてる」

 アーチャー「頭を撫でるなっ!!!」


36.続・自己PR ~二人だけの全て遠し理想郷(再)?~

 士郎「怪我はないかい、セイバー?」
 セイバー「はい、シロウこそ大丈夫ですか?」
 士郎「俺は君さえいれば大丈夫だから」
 セイバー「あぁ、シロウ、わたしもです……」

 遠坂「あ……あれで生きているの? しかも無傷!? 馬
   鹿ップル恐るべし(驚愕)」
 アーチャー「くっ、断じて認めん! 私が……私が、あん
      なあんな……あぁっ!!!」

 遠坂「昔のアルバム見ていると、何だか恥ずかしくて無性
   にその事実を消したくなることあるけどねぇ……(苦笑)」


37.続・自己PR ~値下がり笑顔~

 士郎「……セイバー」
 セイバー「……シロウ」

 ――二人だけの全て遠し理想郷、継続中。

 アーチャー「だ、大丈夫だよ遠坂……。オレ、これからも
      頑張っていくから――」
 遠坂「あ、あんまり大丈夫じゃなさそうよ、本当に大丈夫?」


<作者の制作レポート>

 さて、孤高な感じのアーチャーを、拙作を読んで頂いた方
は、身近に感じることができましたでしょうか?
 その思いが伝わればいいなぁ、と思います。
 遠坂凛殿とのコンビが多いのは彼女との息が合わせやすい
からで、彼女がいてこそ彼はより味を、深み(?)が増すも
のですから。隠し味ですね。
 と言っても、むしろ彼女の方がアーチャーをダシにしてい
ているのは気のせいだろう、多分! ……何だか彼女の応援
をしているような気が…………。

 でも、誰かのために尽くし、報われないけれどがんばる男
気のアーチャーは私は好きですよ~!!!




<追記>

 あぁ、今読み返すと恥ずかしい限りです。
 勢いに任せた作品が一杯……。まぁ、しかし、サンプル品
として掲載しときます。

 下記は、おまけです。
 人気投票というコトで、自粛した封印を解除です♪



~おまけ~

38.続・カラーズ ~3人目の挑戦者~

 キャスター「私もこの戦いに参加いたしますっ!」

 ライダー・小次郎「!?」
 ライダー「おー、『紫』を巡って競争率高いなぁ。お前、
     どっちが勝つか乗らんか?」
 アーチャー「……もうどうでもいい気分だがな」

 遠坂「んー、そうね。『紫』は高貴、癒しとかの意味もあ
   るけど、不安や嫉妬、欲求不満も表すから、キャスターなら
   ある意味ハマリかな?(毒舌)」
 ライダー・小次郎「お譲りします」

 キャスター「くっ、言わしておけばっ!」


39.続・カラーズ ~判定者~

 アーチャー「――いや、キャスターは『紫』じゃなくて、
      『ベージュ』だろう」

 キャスター「な、何を言って……!? ……はっ!? 見
      たわね、あの時っ!?」
 アーチャー(……し、しまった…………!)
 遠坂「?」

 キャスター「う、うわぁぁああああん!!!
      宗一郎様~~!!!(脱兎のごとく)」
 
 遠坂「――ゆっくり事情をお伺いしましょうか、未来のエ
   ミヤくん♪(不自然なほど爽やかな笑顔)」
 アーチャー「……み、見えてしまったんだからしょうがな
      かろう!」


40.続・カラーズ ~ライバル~

 ランサー「フー、やっと静かになったな……」

 アーチャー「安心するのはまだ早いぞ。『青』を巡る戦い
      がまだ終わっていない」
 セイバー「その通りです、ランサー。『青』の座は正直譲
     れない。……『金』は絶対に嫌ですから、イメージ的にっ!」
 ギルガメッシュ「……王は孤独なものだな(黄昏モード)」

 ランサー「いやいや、はっはっはっはっ! よりにもよっ
     てセイバーとはな……。いいだろう、その勝負受けよう」

 疾風怒濤の槍技と絢爛豪華な剣技がぶつかりあう!


41.続・カラーズ ~ライバル?~

 遠坂「じゃ、私のイメージカラーは『赤』だから、アンタ
   は『炎の料理人』にしときなさい」

 アーチャー「――私は色ですら無いのかっ!?」


42.続・カラーズ ~心眼~

 アーチャー「――そうか、凛。君が『赤』にこだわるのは、
      赤字の『赤』だったのか……(目から鱗)」

 遠坂「……やっぱり返す。黒字の『黒』がいいっ! 
   私、黒髪だし(慌てて)」


43.続・カラーズ ~某・ロボットアニメ~

 士郎「……似ている、な……ガン○ャノン」
 慎二「だろ? どこかで見たカラーリングだからさ」
 士郎「燃えるな、何か……」

 アーチャー「む? 何をジロジロ見ている?」

 士郎「あ、いや……、別に……」
 慎二「男同士の熱い語らいに決まってるじゃん」

 アーチャー(――ワケがわからん、何をそんなに期待に満
      ちた熱い目で見る!?)

 *共通点……頭部、白色(白髪)。ボディ、赤色(赤い聖衣)。
       無骨なデザイン(質実剛健な在り方)。
       実用性一点張りの二つの砲門(干将・莫耶)。
       中距離支援型(遠距離、近距離OK)。
       V作戦の試作2号機(士郎の成長を促す?)。

       ガ○ダム(セイバー?)に押され気味。
       シャ○(赤いあくま?)にやられ気味。

       ――とても強い機体だと、個人的に思います。
      イェイ、ガ○ダム世代!




スポンサーサイト
*一言メッセージ←メールソフトなしでも送れます(お返事です)
*読書カード←足跡記念、感想をお寄せください
にほんブログ村 小説ポエムブログへFC2ランキング

0件のコメント

-件のトラックバック

Appendix

メッセージ

White Snow

 運営者:White Snow
  ようこそ、いらっしゃいました。
 運営者“White Snow”は、いつでも歓迎します。

 最近は時間的に、コメント、メールに対してお返事することが難しくなっております。
 ……申し訳ありません。

(最終更新日:2007/03/26)

独り言(インフォメーション)
プロフィール
ご挨拶
更新記録


全記事(数)表示

全タイトルを表示

新着トラックバック


Fateアイテム

~ゲーム~
■Fate/stay night

*注:「extra edition」にはPSPソフトが同梱。


「フェイト/ステイナイト(レアルタ・ヌア)」PS2版



「Fate/stay night」CD版感想

「Fate/stay night」DVD版感想

■Fate/hollow ataraxia


「Fate/hollow ataraxia」感想

~カレンダー~


~DVD~
「Fate/stay night」アニメDVD
「Fate」アニメDVD:ナビ


~CD~
■「Fate/stay night」キャラクターイメージソング 間桐桜


■「Fate/stay night」キャラクターイメージソング 遠坂凛


■「Fate/stay night」キャラクターイメージソング セイバー


■TVアニメーション「Fate/stay night」オリジナルサウンドトラック

音楽CD:「Fate/stay night」オリジナルサウンドトラック

■きらめく涙は星に

「きらめく涙は星に」感想

■Fate/another score-super remix tracks

「Fate/another score-super remix tracks」感想

■disillusion

「disillusion」感想

■あなたがいた森

「あなたがいた森」感想

■「Fate/hollow ataraxia」オリジナルサウンドトラック

「Fate/hollow ataraxia」オリジナルサウンドトラック感想

■「Fate/hollow ataraxia」マキシシングル

「Fate/hollow ataraxia」マキシシングル感想

■Fate/stay nightイメージアルバム「Wish」

Fate/stay nightイメージアルバム「Wish」感想

■「Fate/stay night」ORIGNAL SOUNDTRACK

「Fate/stay night」ORIGNAL SOUNDTRACK感想

■「THIS ILLUSION」マキシシングル

「THIS ILLUSION」マキシシングル感想

~BOOKS~
■「Fate/stay night」コミック(西脇だっと)

書籍感想:「Fate/stay night」コミック


■Fate/Unlimited Guide
レビュー
Fate Compilation Book
レビュー
フェイト/ステイナイト・プレミアムファンブック
レビュー

~同人誌・アンソロジー~
「Fate」同人誌


「Fate/stay night」アンソロジー


「Fate/hollow ataraxia」アンソロジー


~トレーディングカード~
「Fate/stay night」トレーディングカード ハイグレードエディションBOX

Fate/stay night トレーディングカード オフィシャルカードバインダー


~懐中時計~
Fate/stay night 懐中時計


~カップ~
セイバー マグカップ


凛マグカップ


タイガー道場 湯のみ


~ぬいぐるみ~
セイバー ぬいぐるみ エグゾースト版


遠坂凛 ぬいぐるみ エグゾースト版


間桐桜 ぬいぐるみ エグゾースト版


~キーホルダー~
Fate/stay night ラバーキーホルダー セイバー

Fate/stay night キーホルダー 遠坂凛 ペンダント型

~名刺ケース~
セイバー名刺ケース


遠坂凛名刺ケース


Fate/stay night アニメ版 名刺ケース エグゾースト版

~フィギュア~
フィギュア


~キャラクター小物~
Fate/stay night トリコレ! BOX


Fate/stay night アニメ版 ストラップ

ピントレコレクション TYPE-MOONコレクション BOX


パームキャラクターズ アーチャー&凛セット


Fate/stay night シール マウスパッド 3種セット

Fate/stay night ボトルキャップ フィギュアコレクション 第2弾 BOX


Fate/stay night トレーディングファスナーマスコット BOX


「Fate/stay night」ipod nano専用ケース


Fate/stay night タイガー道場 手ぬぐい


魔術回路トートバッグ


楽天市場:
「Fate/stay night」アイテム

「DDD」アイテム

~ノベルズ~

ノベルズ「DDD1」感想

空の境界アイテム

~小説~
■空の境界


空の境界レビュー

月姫アイテム

~BOOK~
■月姫読本「Plus Period」

月姫読本「Plus Period」感想

■真月譚・月姫コミック


真月譚月姫(1)
真月譚月姫(2)
真月譚月姫(3)

■アンソロジーコミック


~CD~
■EVER AFTER


■真月譚・月姫オリジナルサウンドトラック1


■真月譚・月姫オリジナルサウンドトラック2


~DVD~
■真月譚・月姫

メルティブラッド

~ゲーム~
■メルティブラッド(PS2版)

「メルティブラッド」関連TOP
詳細「メルティブラッド アクトカデンツァ」

~BOOKS~
■メルティブラッド アクトカデンツァ(PS2版)


■メルティブラッドAct Cadenza攻略本(ゲーセン版)


■メルティブラッドRe-Act攻略本

「メルティブラッドRe-Act攻略本」感想

■メルティブラッド攻略本


■MELTY BLOODコミック

書籍感想:「メルティブラッド」コミック

■アンソロジー


リンク

リンク:TOP

公式HP
├法人「TYPE-MOON」
├同人「TYPE-MOON」
├公式HP「Fate/Zero」
├アニメ「Fate/stay night」
├「フランスパン」
├「メルティブラッド Act Cadenza」
├「エコールソフトウェア」
├「Ligt's」
└「絢爛舞踏祭」

SS検索サイト
├全自動月姫Links
└弓兵サーチ

SSサイト
├西奏亭
├Acid Rain
├kero-kero PEACH
├うのはなことのは
├私立桐月図書館
└Arcadia

Webコミック
├発作的突然変異
├Graveyard【迷走墓地】
├白花雨&ぐりーんぺっぱー
└ろくでなしの詩

イラストサイト
├萌えビアの湖
├眠りの園
├鬼包丁
├Blue Forest
├Expensive Noise
├Neutral
├PANNAKOTTA XP
└tree field

同盟
├イリヤ同盟
├凛好き同盟
├弓凛同盟
├槍凛同盟
├ランバゼ同盟
├魔葛同盟
├セイバー騎士団
├バゼット同盟
└A&Bアイコン置き場
└桜スキー主張アイコン置き場
 └空の境界同盟

制作スタッフHP
├竹箒
├仲良き事は
├ELECTRIC FIREFLY
├この空の下で
├南国LIFE
└KAMO HOUSE

玄人好みサイト
├Fate.map
├月姫研究室
├Type-MoonSS投票所
├「Fateサーヴァント」占い
├「今のアナタはこんなキャラ?!」占い
└月姫占い

素材サイト
├瑠璃色迷宮
├Miniature Type
├牛飼いとアイコンの部屋
├K2DREAM
├AYUMI'S HP
└Icon Museum

姉妹サイト
 └白の本棚

リンクについて

管理者ページ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。